FC2ブログ
園芸ネタや子供ネタをだらだら書いてみる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
筋トレとTOEIC
ところてんダイエットを始めてから一ヶ月半。さすがに減量のペースも落ちてきました。ここからさらに体重を落とすには適度な運動が必要です。
とあるブログでこんな本が紹介されていました。

まだ読んでいないのですが、要は筋肉をつけて基礎代謝を上げれば太らなくなりますよ、ということらしい。筋トレの方法とかが説明されているのかな。とりあえずお気に入りリストに入れておきました。

同じブログで興味深い本が紹介されていました。

これも読んでいないので内容はよく分かりませんが、そのブログの紹介文によると…
筋トレ(ダイエット)に失敗する人は、目的が曖昧で、目標が立てられなくて、計画性が低く、スケジュール管理ができないうえ、情報に惑わされやすい人、だそうだ。
ん?これは俺のことか?

自分にとって適切な目標(高すぎず、低すぎない目標)を設定し、達成するための計画を立て、確実に実行すること。これ大事ですね。
わかっちゃいるんですが、なかなか難しいものですよねぇ。
と他人に厳しく自分に甘い私は思っちゃいますがね。

かつて私の周りには毎日無意味に筋トレに励んでいた人が数名いました。単なる暇つぶしかと思っていましたが、実は彼らのしていたことは無意味ではなかったのかも...と思えてきました。
そういえば、確かに彼らは仕事のできる人たちでした。

===================================

ところで、私の兄はTOEICで飯を食っているので、私も兄の生活を支えるべく、周りの人たちに「TOEIC受けない?いい参考書あるんだけど。」と手当たり次第に声をかけているのですが、全く相手にしてもらえません。
まあ、無理もありません。
TOEICでよい点を取ったところで、特に何か変わるわけでもないし、何かよいことがあるわけではない。
就職活動に有利だという話を聞きますが、私の周りではTOEICのスコアが就職に役立ったという人はあまりお目にかかりません。
TOEICなんて、あんまり興味ないし、そんなにやる気ないし、と思っている人たちは兄貴の本も買ってくれない。
まあ、そんなもんですよね。

ただ、世間的にはTOEICは割とブームになっているのかなと。
TOEICの年間受験者数は160万人を超えたとのことで、色んな人たちが受験しているようですが、TOEICを趣味にしているTOEIC FREEKSも意外と沢山いるようです。
TOEICが趣味ってね。
驚きです。何なんでしょう。
正直、TOEICの勉強が英語能力の向上にどれほど効果があるのか疑問ですし、英単語を覚えることはそんなに楽しいことではないでしょう。
にもかかわらず、TOEIC FREEKSはこんな本を買い、ゆるーいラジヲを聞き、日夜勉強に励んでいる。しかもちょと楽しそう。

==================
さて、長々と書いてきて結局何が言いたいのか。
結論は、もう予想がつくと思いますが、もう少しだらだら書きます。

TOEICの資料によると、海外勤務の基準にTOEICスコアを考慮する企業は少ない。これは、TOEICスコアと英語コミュニケーション能力との間に相関がないということを企業も分かっていることを示していると思われます。
一方で、TOEICスコアを採用時に考慮にする企業、配属先を決めるときの参考にする企業は比較的多いようです。

TOEICスコアを上げるためには、目標を設定し、勉強の計画を立て、努力することが必要です。TOEIC FREEKSはこの過程を楽しんでやっている。これ、実行するのは結構大変です。モチベーションを維持するのが特に大変。
これを実行できる人は仕事もできるに違いない。企業はそういう人を採用したいのではないか。英語力は関係ないんじゃないかなと。
つまり、TOEIC FREEKSは英語はしゃべれないかも知れないが、仕事はできる。に違いない。多分。

要するにTOEICの勉強と筋トレは同じじゃないか、ということが言いたいわけです。

TOEICの点が上がっても英語はしゃべれないし、あまり意味がない。
ちょっと人に自慢できるぐらい。こういう演説に感動できるぐらい。

筋肉がついてもK-1に出るつもりがないのならあまり意味がない。
ちょっとスタイルがよくなるぐらい。夏の浜辺で女の子にもてるぐらい。

意味ないんですよね。結果には。
大事なのは結果ではなくプロセスなんですね。
(おそらく公務員試験の勉強とかも同じことが言えるはず。)
(おそらく一流のスポーツマンは仕事もできるはず。)

私もちゃんと筋トレのできる人間になりたいです。

結論。

TOEICが苦手なら筋トレをしよう。就職活動で筋肉をアピールしよう。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。